コーヒーの出し殻がマッサージに使える?セルライトの効果とは?

コーヒーの出し殻がマッサージに使える?セルライトの効果とは?

コーヒーの出し殻がマッサージに使える?セルライトの効果とは?

 

セルライトはいつの間にか溜まってしまうものです。普通の皮下脂肪ではなく、老廃物と結合した塊なので、非常に落としにくいです。

 

いつの間にかついて、それも落としにくいという厄介な脂肪がセルライトです。

 

しかも、皮膚の表面はデコボコとしています。触ってみると、硬くて冷たいものも特徴的です。

 

太ももやお尻、二の腕などにつきやすく、それも目立ちます。ですから、男女ともにコンプレックスに感じる方が多いです。とくに、女性の方がつきやすい脂肪で、一見スレンダーな人でも、太ももやお尻だけセルライトで太っていることもあります。

 

このようなセルライトを解決する方法として、「マッサージ」があります。頑固なセルライトも、マッサージでほぐすと脂肪が燃焼されやすくなります。

 

エステサロンでもハンドマッサージを取り入れているところは多く、実際にマッサージを行うことで、前後を比較するとサイズに違いが出るものです。効果もすぐ出やすく、運動などと組み合わせて行うとより効果的です。

 

マッサージと一言でいっても、さまざまな方法があります。「かっさマッサージ」が良いともいわれていますが、「コーヒーの出し殻を使ったマッサージ」という方法もあります。

 

コーヒーの出し殻をマッサージに使うという方法を知っていましたか?実はこれ、ダイエットに効果的な方法で、セルライトの除去にもおすすめです。

 

コーヒーをよく飲まれる方なら、コーヒーの出し殻も簡単に手に入ると思います。普通なら捨てるそれを使うのでエコですし、コストもほぼかかりません。他に用意するものは、オイルとラップです。

コーヒーの出し殻とオイルを混ぜたものを塗り込むように、セルライトや脂肪が気になる部分をマッサージ
していきます。そのあと、保温するように、ラップでくるんでマッサージすると、より効果的にセルライトを落とすことができます。温熱ケアも同時にできるので、燃焼率があがると考えられます。

 

ちなみに、コーヒーには「クロロゲン酸」などのダイエットに良い成分が含まれていて、適量の摂取はダイエット効果があるともいわれています。

 

コーヒーが好きで、コーヒーの出し殻が余っているご家庭なら、余計なコストもかからない方法なので、ぜひ試してみてください。

▲TOPへ戻る