セルライトに効く「遠赤外線サウナ」とは?どのような効果がある?

セルライトに効く「遠赤外線サウナ」とは?どのような効果がある?

セルライトに効く「遠赤外線サウナ」とは?どのような効果がある?

 

セルライトは頑固な脂肪ですが、適切なケアを施すと、しっかりと落としていくことができます。

 

普通の脂肪と比べても落ちにくいので、運動やマッサージなどを行う前に温めておくと、より効率よくセルライトが落ちます。

 

セルライトを落とす方法といえば、エステサロンも人気です。サロンでも、実際にセルライトを温める施術を行っています。

 

ハンドマッサージやマシンを使ってセルライトを刺激し、燃焼させるケアの前に温熱ケアを施すコースになっているところも多いです。

 

たとえば、熱いフライパンに肉を投入すると、一気に脂身が溶け出しますが、これと同じ理屈でセルライトの除去も温めると効果的とされています。

 

温めるケアとして、エステサロンなどで用いられるのが「遠赤外線サウナ」です。遠赤外線サウナとは、4~50ミクロンと強めの遠赤外線を脂肪にあてて、溶けやすくする機械です。

 

この遠赤外線サウナは一般的にドーム型をしており、その中に入ることによって全身を温めていき、足の裏など隅までポカポカに温熱できます。大体30分くらいで、全身がぽかぽかに温まります。

 

こうして温まった状態から、運動やハンドマッサージ、マシンを使った施術を行うことで、効率よくセルライトを燃焼させることができます。

 

また、遠赤外線サウナと普通のサウナとの違いですが、一般的なサウナの場合は新陳代謝を高める効果がある反面、ダイオキシンや亜鉛などの有害物質が発生する危険があります。

 

サウナに入ったことで、化粧汚れなどの老廃物が脂肪に溶け込んでしまう危険もあるのです。これではセルライトができやすくなってしまうので、普通のサウナよりも遠赤外線サウナが支持されています。

 

遠赤外線なら強めの波長で刺激を与えていくことができ、体を温める効果も効率がいいことが特徴です。

▲TOPへ戻る