ホルモンバランスの乱れとセルライトは関係している?

ホルモンバランスの乱れとセルライトは関係している?

ホルモンバランスの乱れとセルライトは関係している?

 

セルライトはいつの間にか溜まるものです。そうして溜まって慢性化したセルライトは、なかなか落ちない頑固ものになります。

 

ではなぜ、セルライトが溜まってしまうのかというと、主に身体の代謝の低下や、血流、リンパ液、身体のめぐりが悪いことが原因とされています。とくにむくみやすい人ほど、そういった傾向にあるため、セルライトも溜まりやすいと言われています。

 

厄介なことに、女性はとくにつきやすいです。男性と比較しても、皮下脂肪やセルライトは溜まりやすい体をしています。

 

さらに、「女性ホルモン」も関係しています。このため、ホルモンバランスが乱れることも、セルライトが溜まる原因になります。

 

ホルモンバランスが崩れていると、セルライトが溜まる原因が発生してしまいます。具体的には、身体の代謝や血行が悪くなってしまうのです。そもそも、女性ホルモンは体において、さまざまな働きをになっています。

 

たとえば、正常なはずのリンパの流れが滞ると、老廃物が蓄積されやすくなり、セルライトが作られてしまいます。
血行不良や代謝の低下で溜まった脂肪が、老廃物と結びついたときにセルライトが作られてしまいます。

 

ホルモンバランスが正常なら問題ありませんが、そのバランスが崩れてしまうと、代謝の低下や血行不良などを起こして、間接的にセルライトが溜まりやすい体になってしまうのです。セルライトを落とすためには、この問題も解決しなければなりません。

 

なので、ホルモンバランスが乱れている人はホルモンを正常にするケアも行っていきましょう。もっとも、女性はホルモンバランスが変動しやすいです。生理がくることでも変動しますし、妊娠や出産、閉経なども影響します。

 

いかにホルモンバランスを正常に保つかが、普段の体調を整えるためにも重要になってきます。バランスの乱れを感じる方は、ホルモンバランスを正常にするサプリメントや有効成分を摂取していきましょう。

 

ひどくホルモンバランスが変動している場合、婦人科での治療も効果的です。投薬治療などでホルモンバランスを正常に保つこともできます。

▲TOPへ戻る